1
vote
700 Views

Odooで売上原価対立法による、記帳は可能ですか?

1. Odooで売上原価対立法による、記帳は可能ですか?

OdooのPurchaseモジュールで、
商品の仕入れを記帳すると、仕入(または他のExpense)/買掛金 のように、
借方 が費用勘定になります。

売上原価対立法で
仕入れ時
商品     10,000     現金     10,000
販売時
現金     14,000     売上     14,000
売上原価 10,000    商品     10,000

のように、仕入れ時の借方勘定を、商品(Inventory)などの流動資産にできますか?

こうすると、決算整理仕訳がなくても、BS PL が作成できる、すなわち
今日までの時点での ほぼ正確なBS PL が作成できます。

2.商品ひとつひとつにバーコードを割り当てることができますか?

スーパーの精肉コーナーのように、同じ100g254円のぶたバラ肉でも、
パッケージ毎に、重さが異なるので、商品ひとつひとつにバーコードを割り当てて
バーコードを読んで価格が自動的に読み込まれるようにできますか?

100g254円のぶたバラ肉をひとつの商品として、
シリアル番号毎に異なるバーコードを割り当てるのですか?

どこを読めば、答えがわかるかがわからない(特に、もしできない場合
出来ないことの確認が自分ひとりではできない)ので、すみませんが
よろしくお願いいたします。

武居誠之
武居誠之
16
| 0 0 0
Asked on 16/08/08 4:04

0
vote

1. Odooで売上原価対立法による、記帳は可能ですか?

 

想定されている仕訳とは少し異なりますが、可能です。商品の購買・販売の場合、仕入先請求書・顧客請求書での仕訳以外に、入荷時・出荷時に仕訳生成するように設定する前提です。

入荷:
商品 10,000 / 入庫請求仮 10,000

仕入先請求:
入庫請求仮 10,000 / 買掛金 10,000

出荷:
売上原価 10,000 / 商品 10,000

顧客請求:
売掛金 14,000 / 売上 14,000

という具合です。

 

入荷・出荷時の仕訳生成には、在庫設定および製品カテゴリで継続記録法を選択してください。

 

2つ目のご質問は、お手数ですが別の質問として投稿いただけますか?

 

【追記】

Anglo-Saxon Accountingを使用すると、顧客請求時に売上原価計上するように仕訳調整されます。

出荷:
出庫請求仮 10,000 / 商品 10,000

顧客請求:
売上原価 10,000 / 出庫請求仮 10,000
売掛金 14,000 / 売上 14,000

但し、この機能は以前調べたときに全ての業務シナリオ(返品など)に対応できていなかった記憶があるので、入念にテストすることをお勧めします。

Anglo-Saxon Accountingの有効化の設定は、一般設定から会社を開き、設定タブの中にあります。

image

Yoshi Tashiro
Yoshi Tashiro
121
| 3 1 2
Answered on 16/08/09 1:33
0
vote

ありがとうございます。
回答ではなく、質問者のコメントになります。

おっしゃるように、
在庫設定および製品カテゴリで継続記録法を選択して、売上原価対立法(継続記録法)が出来ました。

在庫の在庫評価で継続記録法を選択し、
新しい製品カテゴリーを作って、
在庫評価を Perpetualにし、
勘定属性で、収益勘定を売上高 費用勘定を入庫請求仮
在庫関連勘定属性で、
在庫受入勘定を、入庫請求仮
在庫払出勘定を、売上原価
在庫評価勘定を、商品
在庫記録簿は Stock Journalにし、
製品の会計では税金以外は設定しませんでした。

この設定であってますでしょうか?

入庫と仕入先請求の仕訳は完璧なのですが、
出庫と顧客請求の仕訳は、できれば次のようにしたいのですが。

出荷:
出庫請求仮 10,000 / 商品 10,000

顧客請求:
売掛金 14,000 / 売上 14,000
売上原価 10,000 / 出庫請求仮 10,000

ほんとうに細かいことではあるのですが、
出来れば、売上原価と売上を同時に認識したいという趣旨です。
一般的に出荷と請求は同時(出荷基準)なのですが、
IFRS対応で売上を検収基準で認識する際にも対応できるものなら、厳密に対応したいということです。

おっしゃるとうり、
2. は別の質問にいたします。

よろしくお願いします。

[解決しました]

ありがとうございます。
解決しました。

おっしゃるとうり、継続記録法にして、
収益勘定を売上高 費用勘定を売上原価
在庫関連勘定属性で、
在庫受入勘定を、入庫請求仮
在庫払出勘定を、出庫請求仮
在庫評価勘定を、商品 にし、
さらにAnglo-Saxon Accountingを有効化すると期待どうりの結果がえられました。

OdooだとAnglo-Saxon Accountingに対する概念はContinental accountingのようなので、
日本の簿記は米英式なので、Anglo-Saxon Accounting有効化で自然なようですね。(この
部分は感想です、質問ではありません。)
返品処理なども含めてテストは続けますが、
質問の件は解決しました。ありがとうございました。

武居誠之
武居誠之
16
| 0 0 0
Answered on 16/08/09 10:23

私の回答に追記入れました。ご確認ください。

Yoshi Tashiro
on 16/08/09 23:44

回答をどうぞ!

問題解決につながる実際的な回答をお願いします。質問や既出の回答に対して補足が意見がある場合は、コメントツールをご利用ください。一つの質問に対し複数回の回答はできませんが、自分の回答はいつでも修正が可能です。また、質問/回答の評価にご協力ください!

質問する

アップデート通知

このフォーラムについて

このフォーラムはOdooの日本での普及を目指す有志により運営されています。

ガイドラインを読む

質問ツール

11 フォロワー

統計

質問: 16/08/08 4:04
参照: 700
最終更新: 16/08/10 5:02