0
vote
440 Views

複数の組部品(a set of components)を含む製品の発注

例えば、R1kという部品を3個含む組部品1、R1kを5個を含む組み部品2があったとします。R1kは10個の部品で構成されるテープ品です。組み部品1,2を含む製品1を発注すると、製品1に必要なR1kは8個なのでテープ品は1個の発注で済むはずですが、実際には、2個のテープ品が発注されます。おそらく、組部品ごとにが発注されているためです。これでは、無駄な発注が行われてしまいます。製品全体の使用部品数を集計しテープ品の発注数を決める仕様は可能ですか?

鈴木俊夫
鈴木俊夫
47
| 1 0 0
Asked on 16/12/21 0:58

0
vote

※ R1kにつき個々の部品とテープ品の換算が登録されているという前提で理解しています。参照:https://www.odoo-japan.com/forum/Help-1/question/189

 

組み部品1,2を含む製品1を発注すると、製品1に必要なR1kは8個なのでテープ品は1個の発注で済むはずですが、実際には、2個のテープ品が発注されます。おそらく、組部品ごとにが発注されているためです。これでは、無駄な発注が行われてしまいます。製品全体の使用部品数を集計しテープ品の発注数を決める仕様は可能ですか?

(「組部品1、2を含む製品1を受注すると」と読み替えた上で)可能なはずです。おそらく鈴木さんの環境ではR1Kのルートで「オーダ基準調達」が選択されているのではないかと思われます。この選択があると、ご記述のように、個別の所要にもとづき組部品ごとに発注をかけようとする動きになるはずです。「オーダ基準調達」の選択を外し、再発注規則で在庫水準から調達生成するようにしておけば(在庫持たないのであれば最小数量0、最大数量0でよい)、R1k所要として8個が認識され、テープ数量に換算されて1個のテープ品が発注される結果となるはずです。(V10.0の環境で確認しましたが、そのような動作でした)

Yoshi Tashiro
Yoshi Tashiro
121
| 3 1 2
Answered on 17/01/24 8:35
0
vote

 OdooV10でルートを製造・購入に設定、再発注規則を設定することにより、組部品ごとでなく部品表全体から部品数を集計して発注されることが確認できました。

問題解決しました。
有難うございました。

鈴木俊夫
鈴木俊夫
47
| 1 0 0
Answered on 17/03/06 1:41

回答をどうぞ!

問題解決につながる実際的な回答をお願いします。質問や既出の回答に対して補足が意見がある場合は、コメントツールをご利用ください。一つの質問に対し複数回の回答はできませんが、自分の回答はいつでも修正が可能です。また、質問/回答の評価にご協力ください!

質問する

アップデート通知

このフォーラムについて

このフォーラムはOdooの日本での普及を目指す有志により運営されています。

ガイドラインを読む

質問ツール

11 フォロワー

統計

質問: 16/12/21 0:58
参照: 440
最終更新: 17/03/06 1:41